人生を変える★マナ美ダイエット|もっときれいになりたい女性のためのブログ

食事改善でダイエット中に食べてもいい「おやつ」はこれ!

2021/10/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして、「ダイエットに成功して人生を変えた」韓国女子のブログです。仕事で時間がなくても、きつい食事制限や運動をすることなく「体重7kg」「体脂肪率7%」も痩せることが出来た秘訣や方法と、韓国の、美と健康を追求したおすすめダイエット情報を伝えます。 

 

食事改善のダイエット中、キツイと思う理由として、

 

「大好きなおやつを制限しなければいけない」

 

と我慢することじゃないでしょうか。

 

痩せるために食事の改善をしているから、
おやつを食べてはいけないと分かっていても、
食べることが大好きな人にとって
制限されることはとてもストレスになります。

 

しかし、食事改善のダイエットをしているからと言って、
必ずおやつを食べてはいけないわけではありません。

 

食事改善のダイエット中でも、おやつを完全になくすのではなく、
内容を変えたり食べる量を変えるなどの工夫をすることで、
おやつをダイエットに上手に取り入れて、ストレスを溜めることなく、
食事改善のダイエット中におやつを楽しむことができます。

 

食事改善の効果をよりアップさせて、
ダイエット中に積極的に手に取ってほしい、
おすすめの「おやつ」について紹介します。

 

ダイエット中に「おやつ」はどれくらい食べてもいい?

 

食事の改善をしているから、ダイエット中に、
おやつを食べてはいけないと思う方が多いですが、
むしろ、ダイエットに成功している人々は
おやつを食事の後に楽しむ人が多いです。

 

つまり、おやつはダイエット中でも食べても良いです。

 

しかし、食事改善のダイエットもそうですが、
おやつも同じく、食べていいからと言って、
無制限に食べていいわけではありません。

 

食事バランスガイドによると、
おやつの1日あたりの適切な量が役200kcalとされています。

 

食事もそうですが、ダイエット中の適切な指標はありません。

 

人それぞれによって違ってくるんですが、
目安としてこの値を参考にするといいです。

 

食事改善のダイエットにおすすめの「おやつ」4選

 

ナッツ類

有名な女優さんやモデルさんも食事後の
おやつに食べていると言われている「ナッツ」。

 

ナッツには、ダイエット中に摂取すべきの
食物繊維やビタミンEなどのビタミンと
ミネラルそして、タンパク質が含まれています。

 

豊富な食物繊維でダイエット中なりがちな、
便秘にもいいですし、またナッツに含まれている、
ビタミンとミネラルには美肌や老化を防げる効果も期待できるのです。

 

噛み応えもあるので、しっかり噛むことを繰り返す行動によって、
満腹中枢を刺激し、おやつへの満腹感を得られやすいです。

 

 

ただ、ナッツは脂質が多く、カロリーが少し高めですので、
1日ひとつまみくらいを目安に、食べ過ぎには注意しましょう。

 

また、食事も塩分が多く含まれているものを食べると、
浮腫みになるのと同じく、塩分が含まれているナッツ類を
選ぶことはダイエット中に良くないチョイスです。

 

塩分を取り過ぎてしまう可能性があり、
浮腫みやすくなるので素焼きのナッツ類がおすすめです。

 

フルーツ

 

フルーツには糖質が多く含まれているから、
食事改善のダイエット中に食べることを
気を付けている人が多いと思います。

 

しかし、フルーツに含まれている糖質は
体脂肪になりにくい糖質です。太る心配はありません。

 

フルーツには鉄分、食物繊維、カリウムなど、
栄養素がたくさん詰まっていて美肌効果や、
便秘改善、疲労回復やストレス解消に良いです。

 

ダイエットをしていなくても女性にとって嬉しい効果が多いので、
ダイエット中のおやつにぜひ積極的に取り入れてみてください。

 

ただし、エネルギーに変わりにくい時間帯の夜に食事をした後は、
体脂肪として体に蓄えられる可能性が高いので注意しましよう。

 

また、満腹時に食べると消化するまでに時間がかかり、
腹痛の原因となることもありますので、夜の食事をした後は
食べることを避けたほうがいいです。

 

チーズ・ヨーグルト

 

チーズ・ヨーグルトは、タンパク質やカルシウムが多く含まれ、
乳酸菌などの腸内を健康にさせる善玉菌が豊富です。

 

ダイエット中に腸内の健康が乱れることが多いです。
チーズ・ヨーグルトをおやつに取り入れることで、
食事だけでは摂れない栄養素を摂取できるのでおすすめです。

 

またヨーグルトは、フルーツやオートミールなどを
組み合わせて食事として食べても美味しく食べられます。

 

ダイエットに最適なものを選ぶ際のポイントとしては
ヨーグルトの場合は「砂糖が使用されてないもの」を、
チーズの場合は「脂質が少ないもの」を選ぶようにするといいです。

 

どちらもコンビニで買えるので、取り入れやすいおやつの一つです。

 

豆乳(大豆製品)

 

豆乳は、食物生タンパク質が摂れるのはもちろん、
老化や、がん、生活習慣病などの予防になり、
体の中を錆びつかせない抗酸化作用が期待できる、
イソフラボンが含まれています。

 

 

また、細胞膜や神経組織の構成成分として、
重要なレシチンも豆乳に含まれているのです。

 

女性に嬉しい成分がたくさん入っています。

 

 

レシチンは細胞膜を活性化する働きがあるので、
肝臓の細胞も活性化させ、肝機能を保護する働きがあるんですね。

 

 

また、レシチンの乳化作用によって、
コレステロールが血液中から排泄されるため、
血流が良くなり、酸素や栄養素が全身に行き渡ります。

 

肌に必要な栄養素がいき、美しい肌が維持できたりするのです。

 

そして、レシチンの構成成分であるコリンが肝臓で行われる、
脂質の代謝に必要のため、肝臓での脂質蓄積されるのを
防いだりなど健康面にもおすすめです。

 

 

まずは、おやつとしてダイエット中に取り入れていただけたら嬉しいです。

 

 

豆乳の中でもおすすめなのは無調整豆乳ですが、
味が苦手な方は無理に飲まなくても良いので、調整豆乳でお試してください。

 

糖質を気にする方は、家の近くにトップバリューがありましたら、
トップバリューの低糖質豆乳を試してみてください。

 

 

個人的に味は調整豆乳と変わりないと思いますが、
糖質が0.1gしか入ってないので、調整豆乳の糖質9〜10gに比べたら、
糖質を気にすることなく、気軽に飲むことができます。

 

 

まとめ

 

食事改善のダイエット中におすすめの「おやつ」を紹介しました。

 

ダイエットの一番の大敵はストレスです。

 

今まで我慢しておやつを辞めていた人も、
たまには息抜きにヘルシーなおやつを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

また、ヘルシーなおやつじゃなくて、
たまには、「ケーキやお菓子なども食べたい…」って人は
一度は我慢してみて、それでもずっと頭から離れない場合は
食べたいおやつを我慢せずに食べても良いです。

 

 

むしろ「ダイエットしているから食事以外のものは食べちゃいけない」と、
我慢してずっとストレスを受け続けると、ストレスホルモンが増えてしまいます。

 

 

食事改善して食べている健康なものでも、体脂肪に変えてしまうんです。

 

ただし、おやつを食べるとしたら、昼間にたべましょう!

 

 

活動が少なくなる夜におやつ摂取してしまうと、
消化されにくく、体脂肪になってしまいますので、
食べたいと思ったおやつは昼間に取り入れてみてください。

 

 

おやつを上手に取り入れて、ストレスを溜めすぎない、
体も心も健康なダイエットをしていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして、「ダイエットに成功して人生を変えた」韓国女子のブログです。仕事で時間がなくても、きつい食事制限や運動をすることなく「体重7kg」「体脂肪率7%」も痩せることが出来た秘訣や方法と、韓国の、美と健康を追求したおすすめダイエット情報を伝えます。 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 韓国女子のリアルダイエットブログ , 2019 All Rights Reserved.