人生を変える★マナ美ダイエット|もっときれいになりたい女性のためのブログ

【ダイエットお弁当】痩せるお弁当を続けるおすすめのコツ4つ!

2021/10/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして、「ダイエットに成功して人生を変えた」韓国女子のブログです。仕事で時間がなくても、きつい食事制限や運動をすることなく「体重7kg」「体脂肪率7%」も痩せることが出来た秘訣や方法と、韓国の、美と健康を追求したおすすめダイエット情報を伝えます。 

 

健康的に食べながらダイエットできる「痩せお弁当」。

 

痩せお弁当とは、
食事をお弁当で摂取することで、食べ過ぎを予防しながら、
栄養バランスのある食事をすることで、痩せることが出来るおすすめのダイエット方法です。

 

容器に詰めることで栄養バランスも分かりやすく、
容量の範囲内にあればお腹いっぱい食べることが出来る健康的なダイエットです。

 

食べながらにして痩せることが出来る上に、
必要な機材も道具もないのでいつでも始められるおすすめのダイエット。

 

しかし、何事もそうですが、毎日作って続けるのは大変です。

 

制約も多いですし、味気ないと感じたり、
続けるのが大変な方が多いと思います。

 

今回は、ダイエットお弁当を続けられるおすすめのコツをお伝えします。

 

ダイエットお弁当を続けるおすすめのコツ4つ!

 

ダイエット中の多くの方々かお昼ご飯として、
お弁当を作っていくことが多いと思います。

 

朝忙しい時にダイエットにいいヘルシー料理やスーパーフードだと、
普段食べなれてないものを頑張って作ることに疲れたり、
好きでもないけどダイエットにいいモノを作って持って行っても
貴重な昼ご飯が楽しくない時間になりがちではないでしょうか。

 

ダイエット中だからこそ、
一つ一つの食事を美味しく楽しく食べれるように
工夫することが続けられる一番おすすめのコツだと思います。

 

美味しく楽しく続けられるおすすめのポイントをご紹介します。

 

1.食べて美味しい温度

 

ダイエット弁当を美味しく食べられるおすすめのポイントは温度です。

 

普通主食とおかずを一緒に詰め込む人が多いと思います。

 

見た目のために、おかずの下にレタスを敷いたり、
ミニトマトを入れて色合いをつけたりして、
美味しそうな食事を作る方が多いと思います。

 

しかし、詰めるときに見た目がきれいでも、
美味しく食べられないことに気付いたことありませんか?

 

電子レンジに全部温めてしまうと、
レタスやミニトマトがよれよれになって美味しくないです。

 

その時に、暖かいもの冷たいものに分けて持っていく方法をおすすめします。

 

温かく食べたいおかずはごはんと同じ容器に入れて、
冷たくても美味しく食べれるおかずや煮物は別の容器に入れましょう。

 

見栄えはよくないかもしれませんが、
お弁当を食べるときの温度に気を付けるだけで、
美味しいご飯を食べられるので、続けられるおすすめのコツです。

 

2.外でも調理できるお弁当を作る

 

会社や、ご飯を食べる場所に電子レンジがあれば、
調理できたおかずをいれたお弁当じゃなくても、
美味しい料理を作って食べられます。

 

レンチンおかずなど、検索するだけでたくさんのレシピが出てきます。

 

その中にはダイエット向きのおすすめのレシピもありますので、
調理する時間がない時に活用するといいです。

 

お弁当の容器に材料と調味料をかけて持っていくだけです。

 

持って行ったお弁当を会社でレンチンするだけで
美味しい食事が出来る簡単でおすすめなコツになります。

 

3.汁物で満腹感アップするお弁当

 

お弁当だけでもお腹いっぱいになれると思います。

 

しかし、中には物足りない人も多くいると思います。

 

その時に、味噌汁などの汁物を一緒に用意すると
満腹感も得られるちゃんと食事をした感覚を得られるのでおすすめです。

 

電気ポットもしくは、お湯が出るウォーターサーバーがあれば、
だし入り味噌を持っていけば簡単に味噌汁も飲むことが出来ます。

 

市販で1回分の味噌汁用の味噌を安く売っています。

 

ワカメなどの具材が入った味噌もあり、
種類も豊富なので飽きることなく調理できるので、おすすめの一品です。

 

美味しい汁ものが飲めるようになると、
ダイエットお弁当の美味しさがよりアップし、
ちゃんとした食事を食べている気分にもなれるのでおすすめです。

 

4.たまには、デザートも楽しむ。

 

ダイエットだからと言って、
好きなおやつは我慢すると、
ストレスが溜まって、暴飲暴食の原因になりやすいです。

 

たまには好きなデザートを楽しむことも、
ダイエットお弁当を続けられるおすすめのコツです。

 

とは言え、食べ過ぎには注意しましょう。

 

何個分のケーキやお菓子を食べるのではなく、
一人前分のデザートを食べることが重要なポイントです。

 

食後のデザートとして、ヨーグルト、フルーツ、チーズなどがおすすめです。

 

また他には食べても自己嫌悪にならない、
本当に今食べたいものを選んで食べることがおすすめです。

 

まとめ

 

 

ダイエットは食事を我慢することだと思って、
食事が楽しくない時間になりがちです。

 

しかし、ダイエット中こそ
楽しい食事を過ごせる工夫をすることが大事です。

 

今回はダイエットお弁当を楽しく美味しく続けられるおすすめのコツを4つ紹介しました。

 

ダイエットだからと言って、
好きでもない、美味しくないお弁当を食べるのではなく、
美味しく楽しい時間を過ごせるように自分に合った方法を取り入れるといいです。

 

今回紹介しましたおすすめなコツの中で、
自分に合いそうな方法から取り組んでみましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして、「ダイエットに成功して人生を変えた」韓国女子のブログです。仕事で時間がなくても、きつい食事制限や運動をすることなく「体重7kg」「体脂肪率7%」も痩せることが出来た秘訣や方法と、韓国の、美と健康を追求したおすすめダイエット情報を伝えます。 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 韓国女子のリアルダイエットブログ , 2020 All Rights Reserved.