人生を変える★マナ美ダイエット|もっときれいになりたい女性のためのブログ

ダイエット中の外食。「食べすぎ」てしまったらどうすればいい?暴飲暴食リセット方法!

2019/11/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
かんちゃん
はじめまして、「ダイエットに成功して人生を変えた」韓国女子のブログです。仕事で時間がなくても、きつい食事制限や運動をすることなく「体重7kg」「体脂肪率7%」も痩せることが出来た秘訣や方法と、韓国の、美と健康を追求したおすすめダイエット情報を伝えます。 

こんにちは、かんちゃんです☺

ここ最近、週末は友達や彼氏とのデートが多くなり普段よりも食べ過ぎてしまうんです( ;∀;)
先週末も、昼はうどん1.5玉のカレーうどんに、夜は焼肉でホルモンパーティーでした…。

かんちゃん
かんちゃん
食べすぎちゃった…
と、落ち込んでしまいました。

 

しかし❕

食事で痩せることを知らなかった頃の私は、「ダイエット頑張る→我慢できずドカ食い→もうだめだ、ダイエット失敗だと思って諦める」を繰り返しをしてきましたが、

 

かんちゃん
かんちゃん
ダイエットは続けることが大事!!
と、気づいた今の私は、対処法を身につけたんです✨

 

「ダイエット頑張ったのに食べ過ぎてしまった…」と落ち込んでいる人はぜひ読んでみてください。

 

「食べすぎた」ことに落ち込まない!

 

まず、食べ過ぎてしまったら、「食べ過ぎた…」と落ち込まないことです!

言葉にするには、簡単ですし、私も時々「食べ過ぎた;-;…」と落ち込むこともありますが、
重要なことは食べ過ぎたことにずっとネガティブに囚われることなく、

 

かんちゃん
かんちゃん
食べたいもの食べて満足!!明日からもダイエット頑張ろう!
ってポジティブに捉えて考えることです。

 

「久々に好きなもの、ずっと食べたいと思ったもの食べて満足した~。明日からもダイエット頑張ろう!」と切り替えれば、自分を責めて自己嫌悪に陥りことがなくなります。

食べ過ぎてしまうこと自体より、「食べ過ぎてしまった、もうだめだ」と思ってしまうことが怖いです。

ネガティブになってダイエットすることにストレスを受ける頻度が高くなると「ダイエットをあきらめる→徐々に体重が戻ってくる→ダイエット失敗」のまたの悪循環になってしまうからです。

決して自分を責めず、落ち込まず、淡々と食べすぎの対処をすれば大丈夫です(・∀・)‼

 

「食べ過ぎ」の次の日に調整すれば大丈夫◎

 

今まで頑張ってきたダイエット、「食べ過ぎた」から終わりじゃありません!
次の日から調整して食べすぎをリセットすれば問題ありません。

食べ過ぎた翌日、「体重が前日よりも2kg増えた…」って落ち込んだりしたことありますよね?
しかし、増えた体重がすぐに脂肪に変わったわけではありません❕☆彡

体重が増えてしまったのは、それは脂肪ではなく過度な塩分摂取によるむくみです。

普段より摂りすぎた塩分に水分がくっついて、その分体重が重くなっているんです。だから、気にする必要はありません。

脂肪はすぐにつくものでもなければ、すぐに落ちるものでもないのでダイエットは長い目で見ることが大切です(灬´ ˘ `灬)

 

そのままむくみを放置しておくと、脂肪になってしまうのでしっかりケアしてあげましょう❕
食べてしまったことは変わらない事実ですので、溜め込まずに排出することが大事です。

 

「昨日食べ過ぎたから、今日は何も食べない!」って何も食べない人もいますが、
何も食べないことはむしろ脂肪を溜め込みやすくします。

 

体は急に食べ物が入ってこないと、次の食事でたくさんのエネルギーを蓄えるよう切り替わってしまいます。

食べないことで一時的に体重が減ることはありますが、それは水分が抜けた脱水状態になり、翌々日普通の食事をすると今までより体内で吸収しようとするので、長い目でみると結局は脂肪が溜め込みやすい体になってしまいますので気を付けましょう。

 

それよりは、食べ過ぎたものをしっかり消化させ、疲れた腸内を休ませてから「エネルギーを効率的に使える体」を作るために何か食事をとったほうがいいです。

 

エネルギーを効率的に使える体、つまりいらないものを排出し、入ってきたエネルギーをフールに使い切って脂肪燃焼しやすくなる体を作るにはこの二つの方法がおすすめです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

①食べ過ぎた後、次の食事まで12~16時間をあける
②空腹明けに摂る食事は優しい食事。野菜やフルーツ、海藻類、キノコ類など

 

普段の食事の量なら4時間で消化できるけど、食べ過ぎた後は普段より多く入ってきた量で4時間では消化しきれないことが多いです。そのため消化時間を普段より多く見積もります。

また消化後は腸内をやすませることがとても重要ですので12~16時間の空腹の時間を設けましょう。

 

野菜やフルーツ、海藻類、キノコ類ではビタミン・ミネラルがたくさん摂れて、これらは余分な水分を排出し胃を優しく動かせるには空腹あけに摂る食事としていいです。

特にとっておくといいのが、排出する働きをするカリウム

【カリウムが多く含まれている食材】
 ➡ キャベツ(生より蒸したキャベツだもより栄養が摂れる!)
➡ きゅうり
➡ ブロッコリー
➡ 海藻類(わかめ、のりなど)
➡ キノコ類
➡ バナナ
➡ アボカド

このあたりの食材を積極的に摂るようにするといいです 😉 

参考に、食べ過ぎたわたしの次の日のリセットメニューを紹介します。

☺朝:スムージー(バナナ、アボカド、ほうれん草、無調整豆乳)or海藻サラダ
☺昼:玄米ご飯、蒸したキャベツ、焼きのり
(みそや醤油などのソースをつけて蒸したキャベツ、焼きのりにご飯を巻いて食べます)
☺夜:エリンギ入りのワカメの味噌汁

週末食べ過ぎた翌日は、こんな感じで食べています 🙂

 

食べたくなったら我慢せずに素直にたべる

食事改善を始めた時は甘いものやジャンクなものが食べたくなっても我慢をしていたんです。

しかし、結局我慢できず食べてしまうことが多かったので、食べたくなったら食べたほうがいいと思うようになりました。

我慢できなくなってくると、だんだん頭の中が食べたいことを考える時間が多くなって食べれないというストレスに苦しむんです。

わたしの場合、「チーズケーキが食べたい。でも食べたら今までの努力が無駄になってしまう。ダメだ」となるんですが、そう考え始めた時点でもう甘いもののことしか考えなくなるんです。

 

この状態まで来たらもう食べたいものを我慢せずに食べたほうがいいんです。

 

食べたいものを少し食べて「おいしかった!」と満足できたら、案外にすんなりやめることができます。

 

もし、止まらなくなって食べ過ぎてしまっても大丈夫です。

今まで頑張って食事改善をしてきた分の貯金があるので、それで一気にダメになることはありません。

 

できれば少量でストップしたほうがいいけど、たくさん食べてしまっても同じように次の日調整してリセットすれば大丈夫です。

いずれにせよ、どうしても食べたくなったら我慢せずに食べてもいいんです!

ストレスを上手くコントロールしてダイエットを続けていきましょう 💡

 

完璧な人はいない

何事も完璧にできる人なんていません。ダイエットももちろんです。

だから、○○ヵ月キツく自分に制限をかけてはじめから完璧にやり切ろうと意気を込むより、
ストレス受けない範囲でほどほどにゆるく継続していくことが大事です(/・ω・)/

わたしは、継続していくために

 ➡ 継続できる範囲で自分のルールを決める
➡ 食べ過ぎた次の日は調整して、あきらめない
➡ 我慢しすぎない!どうしても食べたいものは食べる

この三つを守ってゆるくダイエットを継続しています。

とにかく、失敗してもあきらめないで続けること。長い目で見て少しずつ頑張っていけば、自分の思う理想の体になっていくと思います。

2週間後、1か月後、3か月後、そして半年後の変わっている自分を楽しみに、
頑張っていきましょう\\٩( ‘ω’ )و ///☆彡

 

この記事を書いている人 - WRITER -
かんちゃん
はじめまして、「ダイエットに成功して人生を変えた」韓国女子のブログです。仕事で時間がなくても、きつい食事制限や運動をすることなく「体重7kg」「体脂肪率7%」も痩せることが出来た秘訣や方法と、韓国の、美と健康を追求したおすすめダイエット情報を伝えます。 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 韓国女子のリアルダイエットブログ , 2019 All Rights Reserved.