人生を変える★マナ美ダイエット|もっときれいになりたい女性のためのブログ

食事改善でダイエット!一生太らない体を作るおすすめの方法とは?

2019/12/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
かんちゃん
はじめまして、「ダイエットに成功して人生を変えた」韓国女子のブログです。仕事で時間がなくても、きつい食事制限や運動をすることなく「体重7kg」「体脂肪率7%」も痩せることが出来た秘訣や方法と、韓国の、美と健康を追求したおすすめダイエット情報を伝えます。 

 

「痩せたいけど、確実に痩せるおすすめのダイエット方法が分からない」

「着たい服を着て堂々自信もって歩ける女性になりたいし」

「きつい運動や食事制限をしても、すぐにリバウンドしてしまう」

こんな風に悩んでいませんか?

 

 

ただ、きつい運動や食事制限でダイエットを続けても
自分の理想の体型を手に入れることはできないです。

 

リバウンドを繰り返している根本的な原因は、
「痩せるだけのダイエット方法」しか考えてないからです。

 

今回の記事では、私が実際に実践している
「一生太らない体を作ることができる」
おすすめの
食事改善ダイエットについて紹介します。

 

「痩せるだけの数多いダイエット方法」を試し、
リバウンドを繰り返すマンネンダイエッターのわたしは、
「きつい食事制限や運動のダイエットを乗り越えて痩せても維持できないと意味がない」
「根本的に方法を見直さないと」と考えが変わりました。

 

そして、

「もう短期間で効果的な方法で痩せることにしがみつくのはやめて、本当の意味でダイエットをしよう!」

と決めたのです。

 

 

本やインターネットでダイエットや方法について情報収集すると、
ダイエットは本来、減量の意味ではなく『食事療法』という意味を持つことを知りました。


つまり、減量ではなく健康になるための『食事療法』を意味しているのです。


もっと言うと語源のギリシャ語でのダイエットは
『生活様式』『生活のすべて』という意味を持っています。

 

 

ダイエットは体を穏やかにするために
「食事改善」することが最も重要であり、基本の方法であります。
つまり、きつい運動や食事制限のダイエット方法ではなく、
食事改善でのダイエットだけで、一生太らない体を作ることができます。

 

私が強く「食事改善」のダイエット方法をおすすめできる理由は、
食事の改善だけで3ヵ月で7㎏、体脂肪率7%減量に成功し、
さらに基礎代謝が200kcalアップ
できたからです。

 

リバウンドしないためには、続けられるダイエットが最もおすすめ

 

何事も継続が大切だといいますが、ダイエットも同じです。

 

「減量すればダイエットは一生終わり!」
「痩せたら好きなもの食べれる」

と思っていませんか?

 

私も昔は同じように思っていました。

しかし、そのような考えがリバウンドを
導く原因だと分かった私は、そのような考えから
ダイエットをすることは、おすすめできません。

 

ダイエットをする理由は、

「きれいになりたい」
「着たい服を着たいから」
「他の女性の憧れを浴びながら堂々と歩きたい」

などあると思います。

 

つまり、減量することはゴールではなく、中間目標のわけで、
ダイエットのゴールは減量した体を一生維持することです。

 

 

しかし、「一切食べない」「○○だけ食べ続ける」
「毎日5㎞以上ランニングする」など極端なことを
しても、続くわけがありません。

 

 

自分に合わない方法でダイエットをすることは続かないし、
合わない方法を無理に続くことで、ストレスを受けてしまうので、
わたしは自分にとって実践が難しい方法はおすすめできません。

 

なぜなら、続くことができないダイエットは
リバウンドを繰り返してしまう方法だからです。

だから私は、続けられる範囲でルールを決めて食事の改善を行いました。

 

ダイエットは、最終的には
「食生活を含めた生活習慣を改善し、一生太らない体を作る」ことが目標です。


無理のない範囲で、できれば
ストレスなく楽しんで続けられることを意識して、
自分の中でルールを決めて食生活を改善しました。

 

次で紹介します。

 

わたしの具体的な食事改善のダイエット方法について

 

わたしの食事改善のダイエット方法は、以下の通りです。

 

  1. 朝昼晩の3食をしっかり食べる
  2. 朝、昼は炭水化物・タンパク質・脂質・野菜をバランスよく食べる
  3. 夜は野菜とたんぱく質を中心に食べる
  4. 間食はナッツ、野菜、たんぱく質を中心に食べる。
  5. どうしても甘いものが食べたいときは我慢しない。(食べるとしたら16時前まで)
  6. 水を飲みすぎないようにする(1日1.2~1.5L)
  7. 寝る3時間前には食べない

 

朝は炭水化物とたんぱく質、そして野菜を
摂れることを意識して摂っています。

 

基本的に玄米もしくは雑穀ご飯と卵焼き,
もしくは納豆に具たくさん味噌汁などを食べ、
食欲がない日はヨーグルトとフルーツや
スムージーを作って食べているんです。

 

エネルギーがたくさん消費される昼間は、
朝よりはガッツリ食べてますが、同じく炭水化物、
たんぱく質、脂質、野菜のバランス考えて食事をしています。

 

ダイエット中に間食は許されないと思う人が多いですが
むしろ私は間食することをおすすめします。

私はいつも16時ぐらいになると、
お腹がすくので軽く間食を食べています。

 

人は食事をして3~4時の間に消化が終わります。
ということは、12時に食事をした人は、15~16時に
お腹がすいてくるのは当たり前です。

 

この時のお腹すくことを我慢してしまうと、
夜食べるタイミングで爆食してしまう可能性が
大きくなりますので、昼と夜の食事の間に間食を
挟むことが太らない体質を作ることにおすすめです。

 

間食は主にゆで卵やナッツ、野菜スティックなどを
メインに食べていますが、どうしても甘いものが食べたい時は
我慢せずチョコやせんべいなどのお菓子を食べます。

 


ただし、食べ過ぎないのと
16時前に食べることを心がけているのです。

 

なぜなら、16時過ぎに間食をしてしまうと、
次にお腹すく時間が20時以降の時間になってしまい、
遅い夜に食事をすることになるので、16時過ぎの間食はおすすめできません。

 

夜は19時~19時半過ぎにご飯を食べることが多いので、
野菜を中心にたんぱく質のメニューを選びます。

野菜やたんぱく質のメニューを食べても、物足りないと思う時は
サツマイモ50~60gや、バナナ1個、オーツミールなど、
消化しやすい炭水化物を取ることがおすすめです。

 

ダイエットは「2L以上の水を飲むように」と
よく言われますが、下半身太りの私は、
水を飲みすぎると、むくんでしまうので
水を飲みすぎないように意識をします。

 

むくみがある人は2L以上の水を飲んでいるのであれば、
一度減らしてみて浮腫みの様子を見ることをおすすめします。

 

これらを意識し始めて体重が徐々に減り、食事の改善方法だけで
「3ヵ月過ぎては体重7㎏、体脂肪率7%減量」することができました。

 

また、油断して意識していたルールを守らなくなると、
体重が徐々に戻ってくることも経験をしたことがあり、
いかに「食事改善が大事」かということを改めて思ったのです。

 

しかしながら、食事改善の方法で体の中から健康にし、
基礎代謝を上げて痩せていたので、食事が乱れて
体重が少し戻ってきても、代謝は下がらなかったです。

 

改善のルールを再び守り続ければ、
またすぐに戻ってくることができます。

 

まずは、改善した食事を習慣にすること。


体を変化させるには最初の3週間が肝心ですので、
まずは3週間を意識して取り組むことをおすすめします。

 

 

下半身太りの私が食事で注意していること

 

 

子供のころから下半身太りだった私は、
食事でより気を付けたことがあります。


今にも実践しているおすすめのことなので、
それについて紹介しておきます。

 

  1. 生野菜より蒸したものや火を通した野菜を食べる
  2. 海藻をたくさん食べる
  3. 炭水化物を減らしすぎない
  4. コーヒー、お酒をひかえる

 

生野菜は体を冷やしてしまうのです。


体が冷えると血流の流れが悪くて、
むくみやすくなりので、浮腫みがひどい方は
蒸した野菜やいためた野菜を食ることをおすすめします。

 

野菜はビタミンやミネラルが豊富で、
特にむくみの解消にいいカリウムが多く含まれている
海藻をたくさん食べるように意識しています。

 

サラダを選ぶとしても海藻サラダを選んだり、
味噌汁にワカメをたくさん入れて作ったり、
また味がついてないノリをごはんと一緒に食べることで、
脚のむくみをとり、浮腫まないようにケアしているのです。

 

海藻類が苦手な方は、キャベツやブロッコリー、
バナナ、豆乳、プロセスチーズなどもカリウムが豊富でおすすめです。

 

上半身に比べて下半身が太っている人は、炭水化物を極端に減らして、
たんぱく質を増やすと下半身がより太くなります。

 

多くの人々が「たんぱく質は多く食べても太らない」と思っていますが、
1日摂取するたんぱく質の量は自分の体重×1~1.1gです。

 

つまり、50㎏の人は50g~55gが1日のおすすめの摂取量になります。

特に、たんぱく質で太くなった脚は
なかなか痩せることができないので、
過度なたんぱく質の摂取はおすすめしません。

 

炭水化物とたんぱく質の比率を5:5にして食べると
たんぱく質が下半身に脂肪として蓄積されることを
防いでくれるので、炭水化物をしっかり食べています。

 

どれくらいの量を食べればいいのかわからない人は、
炭水化物:たんぱく質の比率を5:5にして食べることをおすすめします。

 

コーヒーとお酒は、ミネラルやビタミンを体の外に
排出してしまうので、ひかえているのです。

 

しかし、人との付き合いや仕事で飲む場合は、
できるだけ体に影響がない程度に意識して飲んでます。

また、コーヒーをどうしても諦められない人は、
夜よりは朝と昼に1~2杯ほど飲むことをおすすめします。

 

食事改善のダイエットを続けることで得た結果

 

ここで紹介した食事改善の方法が絶対ではありません。

 

人それぞれ生活リズムや体型、食の好みなど全部違います。
自分に合う方法ややり方も人それぞれです。
「芸能人のおすすめダイエット」「誰が○○ダイエットして成功した」
などのダイエット方法を無理にまねすることはおすすめしません。

 

私もたくさんの本やインターネットで情報を収集して
いろんな方法を試して自分に合った物を取り入れて改善をしてきたんです。

 

また、生活や体調などがずっと同じではないので、
私は変わっていく体に合わせて細かいルールを変えて対応しています。

 

何が正解とかは、ないので自分におすすめの方法や
ルールを決めて実践してみてください。

 

食事改善を行って1年近くになりますが、
飲み会や外食の時の調整方法など、
まだまだ難しいことがたくさんです。

 

但し、ここで紹介した基本的なルールを大抵守り続けたことで、
一生太くて変わらないと思った脚が硬かった質感が柔らかくなり
脚のラインが1年前よりもきれいになりました。

 

また、代謝が上がったことで、夏でも冷たかった手足は冷たくないです。

 

まとめ

 

ここまで、マンネンダイエッターの私が
いろいろな方法を試して行き着いた、
おすすめのダイエット方法の
「食事改善」について紹介してきました。

 

食事改善に絶対の正解はないのですが、
これらはダイエットの基本となる要素です。

 

あなたの今の食事から改善を行うことで変化があるはずです。

 

きつい運動や食事制限なく、食事の改善だけで
一生太らない体を作るために、これらの基礎要素を
取り入れた自分に合うおすすめの食事改善を取り入れてみてください。

 

私もこれからも。この方法をずっと続けていくので、
1か月後、3か月後などの期間をあけて実際試した
食事改善による変化を報告したいと思います。

楽しみにしてください。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
かんちゃん
はじめまして、「ダイエットに成功して人生を変えた」韓国女子のブログです。仕事で時間がなくても、きつい食事制限や運動をすることなく「体重7kg」「体脂肪率7%」も痩せることが出来た秘訣や方法と、韓国の、美と健康を追求したおすすめダイエット情報を伝えます。 

Comment

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 韓国女子のリアルダイエットブログ , 2019 All Rights Reserved.