人生を変える★マナ美ダイエット|もっときれいになりたい女性のためのブログ

置き換えダイエットを上手に使う?食事で効果がアップ!

2021/10/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして、「ダイエットに成功して人生を変えた」韓国女子のブログです。仕事で時間がなくても、きつい食事制限や運動をすることなく「体重7kg」「体脂肪率7%」も痩せることが出来た秘訣や方法と、韓国の、美と健康を追求したおすすめダイエット情報を伝えます。 

 

「置き換えは食べないダイエット」

「食事の代わりのプロテインを飲むダイエット」

と思っていませんか?

 

置き換えダイエットは食べないダイエットと思われがちですが、
食べないダイエットは肥満体質を作り、最終的にはリバウンドか、
病気になってしまう可能性が大きいです。

 

置き換えダイエットは不健康ではなく、
リバウンドをしないように、上手に食事の摂りすぎを
改善していくための方法の一つです。

 

置き換えダイエットの本当の意味や、
どう上手に取り入れられるかについて、説明します。

 

置き換えダイエットとは?

 

置き換えダイエットは、
通常の食事を摂らずに、プロテインや酵素、スムージー、
専用の食品などを食事の代わりに摂取することです。

 

多くの人はよく、

「サラダだけ」

「ささみだけ」

といったものを思い浮かべる人も多いと思います。

 

しかし、それらは単なる食べる量を減らしているだけです。

 

置き換えダイエットは、
1日に必要な栄養素をしっかり摂り、
必要以上の余分な栄養素を取らないようにします。

 

体が飢餓状態にならないようにすることで、
リバウンドをすることなく、体重減量に成功することができるのです。

 

体重減量をする上で、多くの人がしてしまうことが、
食べる量を劇的に減らすか、食べないことです。

 

しかし、そうすることで体は飢餓状態に陥ります。

 

飢餓状態になると、エネルギーの節約のため、
体はできるだけ代謝を落とします。

 

また、いつエネルギーが入ってこなくなっても、
生命維持ができるよう、脂肪を溜め込もうとする肥満体質を作ります。

 

食事を減量を助けてくれる食品や、
低カロリーの食事に換えることで、
単純に摂取カロリーを減らすことができるだけではなく、
体を飢餓状態にしないため、リバウンドする可能性が低くなります。

 

しかし、デメリットもあります。

 

やりすぎると他のタイミングに食欲が増したり、
内容によっては、筋肉が落ちるといった二つのデメリットがあります。

 

でも、これらのデメリットもやり方次第で、
排除することが可能なので、安心してください。

 

置き換え食事、本当にリバウンドしない?

 

「リバウンドが激しいと聞いたけど?」

と、思っている人もいるかと思います。

 

これはまさに、やり方を間違って、

「筋肉が落ちて、代謝が落ちてリバウンド」

「減らしたカロリー分、ほかで食欲が増して食べ過ぎた」

「悪いタイミングで置き換えてしまい、その当日の活動代謝が減ってしまった」

といったことが原因だと思います。

 

ダイエットは運動や、
食事改善などをやるとしても、
結局取り入れ方次第で大きく変わります。

 

間違ったやり方の筋トレでは、筋肉がつかないし、
間違った食事改善の方法では、効果は出ないわけです。

 

大事なのは効果的なやり方を知った上で、実践することです。

 

置き換えダイエットで効果をアップさせる食事のやり方

 

まず、一つの前提として、

「置き換えダイエットはあえて、やるものではない」

とのことです。

 

置き換えをする場合は、

「どうしても摂取カロリーを減らせない」

「最近停滞期で変化が欲しい」

などの場合に取り入れるものです。

 

このことを前提のもとに、やり方を説明します。

 

たんぱく質を必ず確保する

 

置き換えのリスクは、
筋肉が落ちて代謝が落ちることや、
食事以外のタイミングでの食欲が増加してくることです。

 

これらは、食事で摂取しているたんぱく質が少なすぎることが原因になります。

 

代謝が落ちたり、筋肉が落ちることを防ぐために
食事に必ずたんぱく質を摂りましょう。

 

一日の食事で摂ってほしいたんぱく質の量は、
「自分の体重×1~1.2g」です。

 

例えば、50㎏の女性の場合、一日の摂取するたんぱく質は50gになります。

 

しかし、1日の食事で摂取するたんぱく質の50gは、
以外と量が多いです。

 

毎回の食事でお肉100gを摂取すれば、50gは取れますが、
お肉の種類によっては、カロリーがかなり高くなったりします。

 

たんぱく質を取り入れながらも、カロリーを減らすことが理想です。

 

一番よく知られていることが、プロテインです。

 

一回あたり、スプーン2杯でたんぱく質15g~20gが取れる反面、
カロリーは100~150kcalなので、ダイエットにとても向いてる食品です。

 

長期間続けない。

 

筋肉の減少や代謝が落ち始めるのは、
摂取カロリーが少なすぎる状況が長期間続く場合です。

 

筋肉のもとになる、たんぱく質をしっかり摂ったとしても、
摂取カロリーが少なすぎると筋肉は非常に落ちやすくなります。

 

つまり、置き換えダイエットを長期間続けてしまうと、太りやすい体になるのです

 

効果的に取り組むためには、
1~2週間ほどの期間といった短期間で設定してください。

 

おすすめのタイミングは夕食と過食した次の食事

 

夜は体が休みのモードに入るため、
エネルギーをあんまり使わなくなります。

 

夜ご飯を食べた後に運動をしたり、
エネルギーをたくさん使う行動をしなきゃいけない、
といった場合でなければ、これから寝るタイミングで、
エネルギーをたくさん取る必要はありません。

 

消化しやすいものや、低カロリーのものを
食事の代わり置き換えると、消化が速くなり、
次の食事を摂る朝までの空腹時間が長くなります。

 

これはプチファスティングダイエットに近くなり、
ダイエット効果が高いと言われているのです。

 

また、食べ過ぎた次の食事にも非常におすすめです。

 

体にカロリーが余っている状態だからこそ、
普通の食事を摂ると体に無理が効いてしまいます。

 

胃に優しく、体に無理のないもので食事を換えると、
余分なカロリーもしっかり消化できるようになるし、
体にストレスを与えないことで、脂肪になりにくいです。

 

この2つのタイミングにすると、
リスクは大きく起きないので、おすすめです。

 

まとめ

 

置き換えは、ダイエットの中でも人気の方法です。

 

ある専門家は、

「置き換えダイエットは絶対ダメ。健康に悪い」

とも言っています。

 

しかし、置き換えダイエットは不健康な方法ではなく、
リバウンドをしないように、上手に食事の摂りすぎを
改善していくための方法です。

 

もちろん、やり方を間違ってしまうと、
太りやすい体になってしまうリスクはあります。

 

しかし、上手に取り入れている人は、
置き換えダイエットをすることで、
起きるリスクを知っています。

 

知った上で、正しいやり方を徹底的に守って
上手く取り入れたことで、体重減量効果をアップしたのです。

 

他のダイエットもそうですが、取り入れ方次第です。

 

置き換えダイエットの本当の意味を知り、
上手に取り入れて、効果をよりアップしましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして、「ダイエットに成功して人生を変えた」韓国女子のブログです。仕事で時間がなくても、きつい食事制限や運動をすることなく「体重7kg」「体脂肪率7%」も痩せることが出来た秘訣や方法と、韓国の、美と健康を追求したおすすめダイエット情報を伝えます。 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 韓国女子のリアルダイエットブログ , 2019 All Rights Reserved.